アメリカンスクールの毎年の入学人数ならびに日本人の枠が減る条件、増える条件

アメリカンスクールについて【日本語】

アメリカンスクールの毎年の入学人数ならびに日本人の枠が減る条件、増える条件、についてお話しします。

アメリカンスクールには、毎年の入学者の上限人数があります。

若干の±はあるかもしれませんが、概ねヒトクラス23名の5クラス。

よって、毎年115名前後が上限人数となります。

前回の

アメリカンスクールへの入学条件、親の英語力」という動画の中でチラッとお話ししましたが、両親がアメリカ人の御子息が115名、申し込みがあった年は、いくらお金を積んでも日本人の入学する枠は0となります。

ですので、日本人両親の御子息が入学できる枠があるかどうかは、その年の運にもよります

運といえど、入学要項が発表されるまで不明なのかと言うと、日本人の枠があるかないかは、世界情勢によって、ある程度予想することができます

不謹慎にも日本人にとって、チャンスになると言えば、世界を震撼させるような大きな事件や災害が起きた時には、アメリカ人家族が一気に帰国するとなれば、日本人の枠が生まれます

同時多発テロ、東日本大震災、新型コロナウイルス蔓延など、です。

反対に、日本人の入学枠が減ってしまうイベントがあります。

これは私も、爪楊枝から聞いて、絶対誰かに話したい!と思いましたので、こちらでお披露目させて頂きます。

それは、ディズニーランドで新エリアが拡張する次期です。

ディズニーランドで新エリアを設立するにあたり、ディズニー関係者がドッと日本にやってきます。

数ヶ月で出来るようなものではなく、数年単位での計画となります。

アメリカでは単身赴任という考えはあまりなく、家族の時間を大切にしよう、という文化が根付いており、日本滞在が1年でも2年でも、家族をつれて来日される方が大半だそうです。

来日されるディズニースタッフにお子さんがいる場合、日本国内で唯一アメリカ政府公認で、アメリカと同じ教育の受けられるアメスクを1番に選ぶのは当然ですよね。

2021年10月現在、ディズニーランドでは2023年を目処にファンタジースプリングスというアナ雪、ラプンツェル、ピーターパンをテーマにした新エリアが誕生する予定となっております。

かなり大きな新エリアの誕生となりますので、多くのディズニースタッフが来日される事と思います。

このコロナが落ち着く頃には、ディズニースタッフご家族が来日されると思いますので、

来期2022年9月の、日本人家族の入学はちょっと厳しいかもしれませんね。

一般的には嬉しいディズニーランドの新エリア拡張も、アメスク入学希望のご家庭にとってはマイナスになる、という面白い状態です。

以上となります。

まとめますと、

アメリカンスクールへの入学人数の上限は毎年約115名

アメリカ人夫婦のお子さんの入学希望者で定員に達した場合、いくらお金を積んでも日本人は入学できない

日本人家族の枠が増えるのは、世界を震撼される事件や震災が起きた年

日本人家族の枠が減るのは、ディズニーランドで新エリアが誕生する年の前後

となります。

ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました